解体工事をする時の工事期間はどれぐらい?

解体の工事期間。気になりますよね。

解説工事の期間は家の大きさにもよりますが、平均的には10日前後です。

事前に相談する期間を考えると、二週間は余裕を持っておいたほうが上手く行きます。

また特殊な建物やビル近い建設物の場合は、解体にかかる期間が長期化することがあります。

この場合は一月前後かかることが多いので予め考えておいた方がいいです。

老朽化した建物を解体せずに放置しておくとどうなる?

家や建物などが古くなってくると解体した方がいい場合があります。

リフォームなどで改装をするにしても限界があるので、ある老朽化した建物は解体工事をしたほうがいいです。

最近は異常気象で、竜巻やゲリラ豪雨などが増えてきています。古くなった建物は壊れやすいため、他の建物に被害を及ぼしたり、人に怪我をさせたり、最悪死亡させる事故につながっていくわけです。

こうなると責任問題を追及されることも考えておかなければいけませんね。

では解体工事を頼むと具体的にどうなるかというと、この工事は次の建物を建てる業者に頼むことが多いです。

解体と建設をセットにする形ですが、この場合は手続きの手間はかからず楽な分費用が高めになります。

解体を依頼するときにはまずどのようにするかを相談し、ある程度目星がついてから作業が始まります。

最初は建物全体をカバーで覆いホコリ等が周囲に行かないように配慮します。

そしてまだ使えそうな建築材はリサイクルのために取り除かれ、そのあとで重機を使った解体作業が始まります。

解体工事をする時はガスや電気などの契約を、一時的にやめる必要があるので手続きが必要です。

ただ多くの場合は業者の方が代行してくれるので、自分でやる必要はあまり無いです。

解体作業中に立ち会いをする必要はなく、作業が終わった後に確認をすればいいです。

解体作業にはそれなりに時間がかかるので早めに業者と相談するようにしましょう。

また、解体工事の料金を安くしたいなら、コチラのサービスを利用するのがコツです。